メジャーセカンドで佐藤光のいる中学校はどこ?大吾との対戦はある?

メジャーセカンド
スポンサーリンク

こんにちわギックスです。

メジャーセカンドのアニメ第2シリーズが始まっていますね。

中学生になり野球部のキャプテンとなった大吾のこれからの活躍がとても気になりますね。

物語のスタート時点では野球に対してかなり後ろ向きだった大吾も野球に対してとても前向きに取り組んでいるようになっているので、いつか吾郎のように活躍するところが見たいですね。

中学野球編がスタートになったという事で大吾の活躍も気になりますが、小学校編で大吾の相棒だった佐藤光がどうなったのか気になりますよね。

小学校編ではケガをして終わっていましたが、中学校ではシニアに入っているのか?

大吾と同じく軟式野球部にいるのか?はたまたケガの影響で野球がやれていないのか?

などなどまだ出てきていない佐藤光が気になります。

そこで今回はメジャーセカンド中学校編で佐藤光がどうなっているのか、書いていきたいと思います。

ネタバレも含みますので、そのあたりはご了承いただければと思います。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

佐藤光の中学校はどこ?野球やってるの?

それではメジャーセカンド中学校編で佐藤光がどうなっているのか調べていきたいと思います。

前作メジャーの主人公ゴローの最高の相棒にして最強のライバル佐藤寿也の息子が佐藤光ですが、

中学校編ではどうなっているのでしょうか?

野球はやっているの?

まず気になるのは野球をやっているのかどうかという事。

小学校編では大吾と接触し意外にも重症をおってしまいましたが、野球には復帰できているのでしょうか?

 

 

 

結論から言えば、光君はシニアやボーイズリーグのような硬式野球ではなく、中学校の軟式野球部に所属しています。

軟式野球という事で大吾と同じ道を歩んでいますね。

佐藤光の所属している中学校は?

光が硬式野球のクラブチームではなく中学軟式野球部に所属しているという事で、どこの中学校に所属しているのか書いていきます。

佐藤光が所属しているのは「辻堂中学」という中学校でした。

この辻堂中学は県大会準優勝校のチームとして登場しますが、軟式野球としては強豪高校の部類の中学校になりますね。

シニアやボーイズのように硬式野球ではないですが、この世界の中学軟式野球部はレベルが以上に高いので、光君はケガをしたものの順調に野球人生を歩み始めているイメージです。

この辻堂と主人公の大吾率いる風林中学との対戦は描かれるのかも書いていきます。

スポンサーリンク

光と大吾の対戦は?

光は事故から無事に復帰できて中学軟式の強豪で野球をやっていますが、お世辞にも強豪とは言えない大吾達風林中学との対戦はあるのでしょうか?

光は小学校の時投手をやっていたので大吾との対戦があるのかも気になります。

結論から言うと辻堂中学と風林中学は漫画原作ですでに対戦しています。

ただ大吾と光の投手、打者としての対戦はありません。

光は事故の影響から投手は断念して、今は捕手として中学校では活躍しています。

事故の影響がどのくらい残っているのかはまだ現悪でも語られていませんが、

久々に登場する光は大吾と同じキャッチャーというポジションで大吾率いる風林中学と対戦します。

ここからの対戦結果は原作やアニメを気にしてもらえればと思うのですが、メジャーセカンド中学編で久々に佐藤光が登場してきて前作からのファンが絶対に思ったことを一つ書かせてください・・・・・!

それは光君と寿也君やってること同じじゃん!!!!

煽り方は前作の小学校編でリトル公式戦時に対戦した寿也君とほぼ同じ感じですし、風貌も光君はどんどん寿也君に近づいていっています!

なぜこの世界の眼鏡の男の子は大きくなると眼鏡が取れるのか?コンタクトか?(笑)

twitter上のネタバレを入れて置くとこんな感じです。

完全にお父さんの寿也君の中学時代そのものだと思いませんか?

光君はなんといっても主人公大吾のライバル兼相棒のポジションですから、これからのメジャーセカンドには欠かせないキャラクターなので、今後も動向が気になります!

大吾と光のキャッチャーとしてのリード対決的なものも描かれると面白いかもしれませんね!

スポンサーリンク

まとめ

今回はメジャーセカンドアニメがスタートしているという事で、主人公大吾の相棒佐藤光が中学編ではどうなっているのか調べました。

  • 光は中学軟式
  • 学校は辻堂中学
  • 風林中学との対戦はある
  • 大吾と投手としては対戦しない

というのが今のところ分かっている情報です。

原作が進めばもしかしたら光が投手に復帰して大吾と対戦したりすることもあるかもしれませんね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました