大王製紙のマスクはいつから買える?値段はいくらでどこで買えるの?

コロナウイルス
スポンサーリンク

こんにちわギクシーです。

大王製紙が国内製造を開始するようですね。

国内のマスクの供給不足でどこのメーカーもマスクを販売するとすぐに売り切れの状態になってしまっていますよね?

 

月に400万枚のマスク製造を目指し、まずは医療関係・介護関係など必要急務な場所に出荷されるようです。

僕たち民間人も買う事ができるようになるには、そのあとになるようです。

この大王製紙の国内製造が月400万枚を目指すというニュース。

ここで気になるのは、マスクがいつから買うことができるのか、

値段はいくらくらいでどこで買う事ができるようになるのかですよね。

という事で今回は大王製紙のマスクの気になった情報を調べていきたいと思います。

僕もこのマスクが買えるようになったら遅れをとらないように調べていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

大王製紙のマスクはいつから買える?

大王製紙のマスクはいつ頃から買う事ができるのでしょうか?

予想としては7月中に購入することができるようになるのではないかと思います。

あくまで予想ですが、これからの大王製紙の国内生産の計画を見ながらこのくらいかなーというのが判断できるようになればと思うので、ニュースで分かる範囲でまとめていきます。

この国内生産は、大王製紙の栃木県にあるおむつ工場で行われるようです。

このマスクの設備、子会社であるエリエールから4月末に導入したという事です。

機械自体は最新のもので1ラインで月1300万枚までか可能なものを使用するという事。

さらに2台目の加工機を増設して、7月には月間2600万枚を生産を計画するという事です。

これまでも子会社のエリエールでは様々なマスクを生産し販売してきましたが、今までは海外の工場で生産していたという事なので、今回国内でマスク製造をした実績を作ることができれば、中国などの工場で作ったものより衛生面でも質の高い商品を生産できるようになりますね。

日本国内でのマスク不足はかなり深刻なので、今回のマスク製造で少しでも解消されれば良いですね。

今月末から、生産開始、5月6月で全国の医療関係に出荷され、6月末から7月ごろ一般向けに販売されるようになるのではないでしょうか?

いつ頃から買えるかという事に関してはそんなイメージでしょうか。

 

値段はいくらでどこで買えるの?

続いてこのマスクは値段はいくらで、どこで買えるようになるのでしょうか?

発表はまだなので予想をしていきたいと思います。

エリエールと同じ程度の値段だと思われます。

エリエールのお徳用マスクの定価は10枚×15パックが約4000円で販売されています。

なのでこのあたりが今度の大王製紙のマスクの値段になるのではないでしょうか?

続いてどこで買えるかという所ですが、

大王製紙の流通状況を考えれば、薬局やコンビニ量販店でも買う事ができるようになると思いますが、結局のところお店に卸してもすぐに殺到してしますので、まずはネット販売などから進めるのではないでしょうか?

その際、どういう販売体系を取るのか注目したいところですね。

 

ネットの反応を見ても国内生産という事で大王製紙のマスクはかなり期待されているので、楽しみですね。

まとめ

今回は大王製紙がマスクを国内生産を開始するという事で、気になる、いつから販売開始で、値段がいくらで買えるのか、どこで買えるのかという事を調べてきました。

簡単にまとめると。

  • いつ頃からかと言うと6月末から7月中。
  • 値段は10枚×15パック4000円が目安。
  • どこでも卸せる流通経路はあるが、まずは自社のネット販売から?

という感じです。

早く民間の人の手にも行き届くようになるとうれしいですね。

ここまでご覧いただきありがとうございました。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました