南淵明宏医師の年収はいくら?評判は天才!心霊話や過去の医療ミスを調査

流行り
スポンサーリンク

こんにちわギクシーです。

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっていますね。

フツーに生活している方だけでなく、芸能界の方にもコロナウイルスの感染が大きな問題になっています。

怖いのはしっかりと対策を普段からしているような方も感染する事。

感染しても軽い症状だと自宅待機で診断してもらえずそこから一気に重症化してしまうケースも出てきています。

高齢者や持病持ちの方だけでなく若い方も判断が遅れることで重症化するケースも出てきました。

芸能界でも志村けんさんに続き岡江久美子さんも新型コロナウイルスによって命を落とされました。

非常に危険なコロナウイルス、本当に外出自粛を徹底しなくてはいけないと思います。

そんな中岡江さんのかかりつけの医師である心臓外科医「南淵明宏医師」が朝の情報番組に出演し、岡江さんの病状や、コロナウイルスについての私見を語っていたようです。

この南淵医師、今まで僕は全く知らなかったのですが、少し検索しただけでも天才との評判が出ています。

ただ、自分の患者のことをTVでお話したりという事で、ネット上ではあまり良い評判が流れていません、「なぜべらべら話すのか?」「お金に困っているから番組に出てるんじゃ?」

という評判が流れています。

そこで今回はこの天才医師「南淵明宏」の年収がいくらかという事。

天才と呼ばれる所以や、心霊現象について語っていること、過去の医療ミスがあったのかという評判についてまとめていきます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

南淵明宏医師の年収はいくら?評判は天才?

まずはこの南淵明宏医師がなぜ天才と評判なのか、年収はいくらかについて調べていきます。

南淵明宏医師の評判は?

南淵明宏医師は1958年生まれという事で現在62歳の心臓外科医。

年間200以上もの心臓手術を行う心臓手術のエキスパートです。

非常に小さなキズからバイパス手術を短期間に行う凄腕の持ち主で、そのあたりが天才と呼ばれる所以です。

心臓手ずつの腕は日本指折りでかなり評判が高く、この腕が天才と呼ばれる所以なのでしょう。

さらにこの南淵医師なんと漫画にもなっています。

漫画になるほどの腕で、医療現場の今を取材するような特集番組でもたびたび出演しているようです。

医療現場について持論と私見を正直に語る先生なので、コメントにはかなりクセがあるようです、

年収はいくら?

さて、南淵医師の評判と天才と呼ばれる所以が何となくわかったところで、続いては南淵明宏医師の年収について調査していきます。

一般的に医療大学の教授の年収は1000万円超えと言われています。

ただこれだけの人気執刀医で、TV出演や取材も多く受けていると思われる先生ですので、

年収1000万円は最低ベースでここから上乗せされているのではないかと思われます。

倍の2000万円超えていてもおかしくないですよね。

『お金がないんじゃないの?』という評判もありましたが、どうなんでしょう。

年収1000万円超えていてもお金の使い方によっては逆にお金がない人もいますし、人それぞれですよね。

南淵医師は独論を惜しげもなく語る方なので、しっかりとご家族の許可もとって、世間的にこれほどコロナは怖い病気なんですよと言う事を語ってくれたのかもしれないです。

スポンサーリンク

心霊話や過去の医療ミスについて調査。

続いて南淵医師について検索すると出てくる心霊現象についての話と、過去の医療ミスがあったのかを調査していきます。

心霊話は得意ではないのですが、簡単に言うと、年間200以上も心臓手術に携わり、人の生死にかかわっている方なので、それなりに病院で不思議な現象や、心霊現象を体験したことがあるという話を本や、番組で語っているようです。

 

医療ミスについて大きなニュースは発見できませんでした。

ただ心臓手術に関しては「手術に絶対はないし、リスクを取らないと治らない病気もある。」

という事でとにかくリスクから逃れるために難しい手術を『経過観察』でやり過ごそうとする、プライドの高い高学歴の医師の方々のことを良くは思っていないコメントがありました。

スポンサーリンク

まとめ

ここまでご覧いただきありがとうございました。

今回は南淵明宏医師が朝の情報番組で出演されお話していたという事で、ネットではあまりこのとことについて良い反応や評判がなかったので改めて「南淵明宏医師」について気になることを調査して見ました。

結論をまとめると

  • 南淵明宏医師は心臓手術の天才。
  • 凄腕との評判と、コメントで毒づくので勘違いされやすい
  • 年収は2000万はこえているのではないか?
  • 心霊話と医療ミスについては医療現場のおはなしをするときに語ることもある

という事でした。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました